Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反発 ワクチン期待、日銀波乱なし

2020/07/15

 15日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、全業種が上昇。上昇率上位は鉱業、鉄鋼、機械、不動産、卸売など。
 前日の米国市場は3指数とも序盤は不安定ながら、後半にかけて強い動き。エネルギーや素材関連株が買われ、相場を支えました。
 東京市場は日経平均が203円高でスタート。米モデルナのワクチン初期安全性試験で被験者全員が抗体を獲得したと伝わり、終始高止まり。日銀会合の結果も想定通りで波乱要因になりませんでした。
 個別銘柄では、日本製鉄、神戸鋼など鉄鋼株がしっかり。国際帝石、JX、三井物産などエネルギー関連株も買われました。半面、SOMPO、野村など金融株の一角が冴えず。