Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反落 「都内280人超」で下押し

2020/07/16

 16日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、空運、不動産、その他金融、鉄鋼、繊維など16業種が上昇。薬品、電力ガス、情報通信、サービス、精密など17業種が下落。
 前日の米国市場は3指数とも上昇。モデルナのワクチンへの期待感に加え、ゴールドマンの決算が良好で相場の追い風となりました。
 東京市場は日経平均が38円安でスタート。上海や香港が大きく下げたうえ、都内でコロナ感染者が280人超と伝わり、じわじわと下押しされました。
 個別銘柄では、アステラス、中外など薬品株が軟調。アドバンテスト、東京エレクなど半導体関連も売られました。日本製鉄、JFEなど鉄鋼株が前日に続きしっかり。ANA、JALなど空運株も買われました。