Logo stockvoice

Market Overview

原油11日続落 米株崩れ、東京全面安

2018/11/13

 13日の東京市場は日経平均が2万1810円52銭(▲459.36)、TOPIXは1638.45(▲33.50)。
 前週末の米国市場は3指数とも大幅安。WTIが史上最長の11日続落で1バレル=60ドルを割り込み、エネルギー株中心に売られました。東京市場も日経平均が384円安でスタート。その後も売り圧力に押され、一時785円安。後場は下げ渋りましたが、日経平均、TOPIXとも前日回復した25日線を割り込みました。
 東証1部売買高は16億987万株、売買代金は2兆8253億円。値上がり銘柄数は230、値下がり銘柄数は1846、変わらずは35。TOPIX業種別騰落率は、全業種が下落。下落率上位は、保険、建設、鉱業、鉄鋼、石油石炭など。
 個別銘柄では、国際帝石、出光、住友商事など原油関連株が軟調。米アップルに顔認証センサーを提供するルメンタムの下方修正を受け、アップル関連の村田製、TDK、信越化学などが大幅安。値下がり率上位は、MDV、ダイキアクシス、タツモ、オロなど。
 半面、ドコモ、KDDIなど通信株の一角が強含み。値上がり率上位は、GMOクラウド、ブレインパッド、福井コンピュータ、木村化工機など。