Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】小反発 材料なく買えず

2020/07/20

 20日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、証券、機械、電機、ガラス土石、薬品など16業種が上昇。空運、陸運、ゴム、繊維、不動産など17業種が下落。
 前週末の米国市場で3指数は小幅まちまち。コロナ感染拡大に加え、ミシガン大消費者態度指数も弱く、積極的な動きは見られませんでした。
 週明けの東京市場は日経平均が76円高でスタート。連休前の手仕舞いもあったのか、ほどなくマイナス転落しましたが、後場は日銀ETF期待から持ち直し。かろうじてプラスで終えました。
 個別銘柄では、野村、大和など証券株が強含み。今期予想が好感されたパソナも8%超の大幅高。半面、JAL、ANA、JR東など運輸株が売られました。