Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】売り一巡後戻し 米中対立も大崩れせず

2020/07/27

 27日の東京市場は続落。TOPIX業種別騰落率は、電気ガス、保険、農林水産、倉庫、銀行など22業種が上昇。海運、精密、証券、電機、ガラス土石など11業種が下落。
 前週末の米国市場は続落。米政府がテキサス州ヒューストンの中国総領事館の閉鎖を命じた報復として、中国政府も成都の米国総領事館閉鎖を要求。米中対立への警戒感から、売りが先行しました。
 連休明けの東京市場は日経平均が256円安でスタートしましたが、米株先物が大きく崩れなかったこともあり、売り一巡後は戻しました。
 個別銘柄では、郵船、商船三井など海運株が冴えず。日本製鉄、JFEなど鉄鋼株も弱い動きでした。半面、東電、NTT、JR東など内需株の一角がしっかり。