Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】続落 日米業績冴えず 円高も逆風

2020/07/29

29日の東京市場は続落。TOPIX業種別騰落率は、海運、情報通信のみ上昇。下落率上位は、鉄鋼、自動車、その他金融、化学、空運など。
 前日の米国市場は3指数とも軟調。スリーエムやマクドナルドの決算が悪く、市場心理が悪化しました。東京市場は日経平均が114円安でスタート。ドル円が105円を割る円高に振れたうえ、主力企業の決算も弱く、終始売りが先行。後場はさらに下押しされました。
 個別銘柄では、決算や業績見通しが嫌気されたファナック、日産自が大幅安。キヤノンは21年ぶり安値に沈みました。半面、外出自粛による販売増で増益決算だったコメリは9%超の大幅高。