Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】大幅反発 経済対策、香港高で意欲湧く

2020/08/11

 11日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、情報通信、その他製品の2業種のみ下落。上昇率上位は、不動産、鉄鋼、銀行、空運、自動車など。
 前週末の米国市場はダウとSP500が上昇。連休明けの東京市場は日経平均が175円高でスタート。前場はじりじりと上げ幅を広げ、後場も高止まり。トランプ大統領が追加経済対策を職権で決めたうえ、香港も堅調に推移し、東京も幅広く物色されました。
個別銘柄では、決算が好感された三菱地所が7%超の大幅高。三井不動産、東京地所など他の不動産株も買われました。半面、決算が大幅減益だったクックパッドが14%超の急落。