Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】小幅まちまち 狭いレンジで膠着

2020/08/14

 14日の東京市場はまちまち。TOPIX業種別騰落率は、サービス、薬品、精密、保険、電機など12業種が上昇。不動産、鉱業、自動車、建設、銀行など21業種が下落。
 前日の米国市場はナスダックが上昇、ダウ、SP500は小幅安。東京市場は日経平均が74円高でスタート。前日に2万3000円の節目を突破した一服感が強く、売り方・買い方とも大きな動きはなし。高安の値幅は115円程度と狭いレンジ内で膠着しました。
 個別銘柄では、決算が好感された富士フイルムがしっかり。大戸屋との業務提携が伝わったオイシックスも人気化しました。半面、決算が不振だったタカラトミーが5%強の大幅安。トヨタも9日ぶり反落でした。