Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】ずるずると安値引け 閑散、材料難

2020/08/21

21日の東京市場は小幅高。TOPIX業種別騰落率は、その他製品、空運、鉄鋼、ゴム、精密など26業種が上昇。石油石炭、海運、銀行、食品、農林水産など7業種が下落。
 前日の米国市場は3指数とも上昇し、ナスダックは今年35回目の過去最高値更新でした。
東京市場は日経平均が142円高でスタート。ただ、市場参加者が少なかったうえ、手掛かり材料もなく、ずるずると上げ幅を縮小。日経は安値引けでした。東証1部売買代金は5日連続で2兆円を割り、1月下旬以来の薄商い。
個別銘柄では、日本製鉄、JFEなど鉄鋼株がしっかり。任天堂も年初来高値でした。半面、ファナック、アドバンテスト、SMCなどハイテク関連が冴えず。