Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】米国崩れを警戒 SBG売られる

2020/09/07

7日の東京市場は続落。TOPIX業種別騰落率は、空運、鉄鋼、繊維、非鉄、海運など16業種が上昇。情報通信、食品、建設、小売、その他製品など17業種が下落。
 週末4日の米国市場は3指数とも下落。8月雇用統計が予想より強く、長期金利が上昇。前日から続いていたハイテク株の売りに拍車をかけました。
週明けの東京市場は日経平均が60円安でスタート。アメリカからの流れでハイテク・半導体株を中心に売られ、終始軟調な展開。7日の米国がレイバーデーの休日とあって、商いも盛り上がりませんでした。
 個別銘柄では、米ハイテク株オプションへの巨額投資が報じられたソフトバンクGが7%超の大幅安。東京エレク、アドバンテストなども弱い動きでした。半面、神戸鋼、JFEなど鉄鋼株がしっかり。