Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反落も下げ渋る 2万3000円は死守

2020/09/09

9日の東京市場は続落。TOPIX業種別騰落率は、海運、その他製品、鉄鋼、ガラス土石の4業種が上昇。下落率上位は、鉱業、銀行、不動産、自動車、証券など。
 前日の米国市場は3指数とも大幅安。先週からのハイテク株売りが続いたうえ、SP500に採用されなかったテスラが21%の暴落でした。
 東京市場は日経平均が308円安でスタート。一時的に2万3000円の節目を割り込んだものの、下値拾いの意欲も健在。後場は下げ渋り、2万3000円台を維持して終えました。
 個別銘柄では、東京エレク、SCREEN、ディスコなど半導体株が弱い動き。ソフトバンクGも続落でした。半面、郵船、川崎汽船など海運株がしっかり。