Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】終始冴えず FOMC、日銀は波乱なし

2020/09/17

 17日の東京市場は冴えず。TOPIX業種別騰落率は、倉庫、繊維、海運、小売、その他金融など10業種が上昇。陸運、空運、非鉄、自動車、鉄鋼など23業種が下落。
 前日の米国市場は高安まちまち。FOMCの結果は市場想定通りでした。東京市場は日経平均が59円安でスタート。特段の買い材料がなかったうえ、為替が円高方向に振れたこともあり、終始売りが先行しました。日銀決定会合は市場想定通りで、材料視されませんでした。
個別銘柄では、トヨタ、パナソニック、コマツなど輸出銘柄が冴えず。業績予想を下方修正したJR東も売られました。半面、商船三井、川崎海運など海運株が強含み。