Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】円高一服で強含み 連休前で上値追えず

2020/09/18

18日の東京市場は小幅高。TOPIX業種別騰落率は、紙パルプ、海運、その他製品、陸運、建設など24業種が上昇。情報通信、ゴム、証券、薬品、保険など9業種が下落。
 前日の米国市場は3指数とも下落。週間の新規失業保険申請件数が高止まりしたうえ、ハイテク株が弱く、指数を押し下げました。
東京市場は日経平均が2円高でスタート。前日104円50銭付近まで進んだ円高が一服し、株式市場もおおむね強含み。ただ、連休前とあって積極的に上値を追う動きにはなりませんでした。
 個別銘柄では、前日売られたトヨタ、ホンダなど自動車株が反発。任天堂、ソニーなどゲーム関連も買われました。半面、ドコモ、KDDIなど通信株が冴えず。