Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反発 外部環境落ち着く

2020/09/25

 25日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、倉庫、ガラス土石、自動車、鉱業、小売など26業種が上昇。空運、精密、保険、海運、陸運など7業種が下落。
 前日の米国市場は3指数とも小幅高。ハイテク株が持ち直し、指数を支えました。東京市場は日経平均が130円高でスタート。アジア、米株先物など外部環境が比較的落ち着いていたうえ、9月配当取りの動きもあり、終始しっかりでした。
 個別銘柄では、前日売られたトヨタ、ホンダなど自動車株が反発。日立物流との経営統合見送りが伝わったSGホールディングスはストップ高でした。半面、JR東、西武HDなど陸運株の一角が冴えず。