Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】3日続伸 配当落ち埋める

2020/09/29

 29日の東京市場は続伸。TOPIX業種別騰落率は、電機、情報通信、農林水産、鉱業、その他製品など11業種が上昇。石油石炭、電気ガス、銀行、保険、陸運など22業種が下落。
 前日の米国市場は3指数とも続伸。追加経済対策をめぐり、共和・民主両党が再協議の動きを見せ、材料視されたようです。
東京市場は日経平均が101円安で寄り付きましたが、9月配当落ち分(約142円)を加味すると実質プラスでスタート。終始買われましたが、大統領選の候補者討論会を控え、積極的に上値は追えませんでした。一方、新興市場はマザーズが2年半ぶり、ジャスダックが7か月ぶり高値。
個別銘柄では、NTTによる完全子会社化が伝わったドコモが急騰。NEC、富士通などエレクトロニクス関連もおおむねしっかりでした。半面、JR東、東急など電鉄株が冴えず。