Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】4日ぶり反落 「バイデン大統領」を警戒

2020/09/30

 30日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、情報通信を除く全業種が下落。下落率上位は、銀行、証券、空運、ガラス土石、倉庫など。
 前日の米国市場は3指数とも冴えず。大統領選討論会を控え、積極的に買えませんでした。東京市場は日経平均が61円安でスタート。前場は底堅い動きでしたが、討論会の結果、米国メディアでバイデン優位が伝わると、後場下げ幅を拡大。バイデン氏が法人増税やキャピタルゲイン増税を掲げているため、株式市場にはネガティブと取られたようです。
 個別銘柄では、野村、三菱UFJ、第一生命など金融株が大幅安。増額修正も市場予想に届かなかった小糸製も売られました。半面、ドコモが連日の急伸。