Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】トラブルは復旧、トランプは陽性

2020/10/02

2日の東京市場は小幅安。TOPIX業種別騰落率は、銀行、情報通信、不動産、ゴム、海運など7業種が上昇。薬品、鉱業、電力ガス、非鉄、陸運など26業種が下落。
 前日の米国市場は3指数とも小幅高。追加経済対策を巡るムニューシン財務長官とペロシ下院議長の協議はまとまらなかったものの、新規失業保険申請件数がやや減少し、一定の買い意欲につながりました。
東京市場は日経平均が109円高でスタート。システムトラブルもなく、プラス圏で推移していましたが、14時頃に「トランプ大統領がコロナ陽性」と伝わり、一気に円高・株安が加速。ダウ先物、原油が急落し、金は急伸しました。
個別銘柄では、トヨタ、パナソニックなど大型株が冴えず。国際帝石、JXなど原油株も終盤売られました。半面、KDDI、NTTなど通信株が強含み。