Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】「トランプ退院」で買い戻し

2020/10/05

5日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、その他製品のみ下落。上昇率上位は、鉄鋼、鉱業、陸運、保険、不動産など。
 前週末の米国市場は3指数とも下落。トランプ大統領のコロナ陽性が伝わったうえ、9月雇用統計で雇用者数の伸びが鈍化し、売りが先行しました。ただ、民主党のペロシ下院議長が追加経済対策での合意を示唆し、下げ止まりました。
週明けの東京市場は日経平均が225円高でスタート。「トランプ大統領が5日にも退院」と伝わり、幅広く買われました。
個別銘柄では、日本製鉄、住友鉱山、川崎汽船など景気敏感株が強含み。JR東、ANAなど運輸株も買われました。半面、任天堂が冴えず。