Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】1部小幅高、新興小幅安

2020/10/13

 13日の東京市場は小幅反発。TOPIX業種別騰落率は、空運、保険、不動産、電機、証券など22業種が上昇。鉱業、石油石炭、薬品、卸売、情報通信など11業種が下落。
 前日の米国市場は3指数とも上昇。新製品発表会を控えたアップル、会員向けセール前のアマゾンが買われ、指数を牽引しました。
 東京市場は日経平均が109円高でスタート。買い一巡後はマイナス転落したものの、後場には切り返し、小高く引けました。一方、新興市場は上昇が一服し、マザーズ指数、ジャスダック平均とも小幅安。
 個別銘柄では、村田製、TDKなどアップル関連がしっかり。ツガミ、オークマなど機械株も買われました。半面、国際帝石、出光など原油関連株が冴えず。