Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】一時2万3500円割れ 主力株冴えず

2020/10/15

15日の東京市場は下落。TOPIX業種別騰落率は、鉄鋼、保険、空運の3業種のみ上昇。下落率上位は、薬品、紙パルプ、食品、農林水産、小売など。
 前日の米国市場は3指数とも続落。ムニューシン財務長官が追加経済対策について「選挙前の合意は困難」との認識を示し、ネガティブに取られたようです。
東京市場は日経平均が78円安でスタート。香港や上海、米株先物も不安定な動きをみせ、東京も終始売りが先行。一時2万3500円を割り込む場面もありました。
個別銘柄では、トヨタ、ソフトバンクG、みずほなど主力株が冴えず。東京エレク、アドバンテストなど半導体株も売られました。半面、JFE、日本製鉄など鉄鋼株の一角が強含み。