Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反落 7日連続2兆円割れ

2020/10/20

20日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、海運、小売のみ上昇。下落率上位は、陸運、鉱業、紙パルプ、倉庫、農林水産など。
 前日の米国市場は3指数とも下落。追加経済対策が民主党提示の20日の合意期限に妥結できる見通しが立たず、警戒感が強まったようです。
東京市場は日経平均が84円安でスタート。米株先物や中国市場が不安定な動きをみせ、東京も連れ安しました。東証1部売買代金は7日連続2兆円割れで、昨年8月以来の連続記録となりました。
個別銘柄では、JR東、ANAなど運輸株が軟調。NTT、KDDIなど通信株も売られました。半面、セブン&アイ、ツルハなど小売株の一角が強含み。