Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】小幅高 ディベートは波乱なし

2020/10/23

23日の東京市場は小幅高。TOPIX業種別騰落率は、ゴム、空運、鉱業、保険、証券など26業種が上昇。その他製品、精密、小売、食品、サービスなど7業種が下落。
 前日の米国市場は3指数とも小幅反発。新規失業保険申請件数がコロナショック後で最少となったうえ、民主党のペロシ下院議長が経済対策の合意に楽観的な見通しを示し、材料視されました。
東京市場は日経平均が84円高でスタート。大統領ディベートが終了するまでは様子見ムードでしたが、波乱なく終了すると、後場は一段高。ただ、終盤に米株先物がやや軟化し、東京も尻すぼみました。商いは盛り上がらず、売買代金は10日連続で2兆円割れ。
個別銘柄では、トヨタ、NTT、三菱UFJなど主力株が強含み。野村、大和など証券株も買われました。半面、東京エレク、アドバンテストなど半導体株が冴えず。