Logo stockvoice

Market Overview

3日ぶり反発 後場に日銀観測

2018/11/22

 22日の東京市場は日経平均が2万1646円55銭(△139.01)、TOPIXは1628.96(△13.07)。
 前日の米国市場は3指数とも中盤まで堅調推移でしたが、復活祭の休日前とあって終盤に手仕舞い売りが出てダウはマイナス転落で終了。東京市場は前日までの続落の反動買いか、日経平均が75円高でスタート。一時マイナスに沈みましたが、後場は日銀のETF買い観測が買いを誘い、上げ幅を拡大。ほぼ高値圏で引けました。
 東証1部売買高は12億162万株、売買代金は2兆810億円。値上がり銘柄数は1451、値下がり銘柄数は580、変わらずは81。TOPIX業種別騰落率は、農林水産、陸運、食品、サービス、建設など27業種が上昇。鉱業、海運、鉄鋼、銀行、非鉄など6業種が下落。
 個別銘柄では、10月の訪日外国人数が2ヶ月ぶりに前年同月比プラスに転じ、資生堂、コーセー、ファンケルなど化粧品関連が堅調。KDDI、大成建設、セブン&アイなど内需関連も買われました。値上がり率上位は、GMO-PG、トリドール、不二製油、サッポロなど。
 半面、国際帝石、住友鉱山、三菱マテなど資源関連が冴えず。川崎汽船、商船三井など海運株も軟調でした。値下がり率上位は、アイロムG、エムアップ、NISSHA、ワールドなど。