Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】終始2万5000円台 29年半ぶり高値

2020/11/11

11日の東京市場は続伸。TOPIX業種別騰落率は、不動産、鉱業、保険、海運、銀行など30業種が上昇。その他製品、空運、情報通信の3業種が下落。
 前日の米国市場はダウが上昇、SP500とナスダックは下落。東京市場は日経平均が240円高、寄り付きから2万5000円台でスタート。コロナワクチンの実用化期待に加え、米大統領選を巡る不透明感の後退も買い意欲を誘い、後場は一段高しました。終始2万5000円台で推移し、1991年6月以来29年半ぶりの高値となりました。
個別銘柄では、JR東、JR東海など電鉄株が続騰。米国長期金利上昇に伴い、第一生命、みずほなど金融株も買われました。半面、ANA、JALなど空運株が冴えず。