Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】底堅い 金融株は冴えず

2020/12/15

15日の東京市場は小幅安。TOPIX業種別騰落率は、紙パルプ、ガラス土石、非鉄、精密、石油石炭の5業種が上昇。空運、保険、鉄鋼、電力ガス、ゴムなど28業種が下落。
 前日の米国市場はナスダックが小幅高、SP500とダウが小幅安。ロンドンがロックダウンを発表、ニューヨーク市長も可能性を示唆し、相場の重石となりました。
東京市場は日経平均が49円安でスタート。強い買い材料がなかった半面、大きく売り込む動きも出ず、底堅い動きでした。
個別銘柄では、米10年債利回り低下を受け、第一生命、MS&AD、三菱UFJなど金融株が冴えず。足元で急伸していたトヨタも反落しました。半面、住友鉱山、三菱マテなど非鉄株の一角が強含み。