Logo stockvoice

Market Overview

4日続伸で2万2000円回復 米中会談決定

2018/11/28

 28日の東京市場は日経平均が2万2177円02銭(△224.62)、TOPIXは1653.66(△9.50)。
 前日の米国市場は3指数ともマイナススタートでしたが、プラス浮上。12月1日に米中首脳会談が開催される見通しとなり、市場心理が改善しました。東京市場も日経平均が84円高でスタート。じわじわと上げ幅を広げ、ほぼ高値圏で引けました。日経平均の4日続伸は9月13日~26日(8日続伸)以来2カ月ぶり。
 東証1部売買高は13億8834万株、売買代金は2兆5511万円。値上がり銘柄数は1416、値下がり銘柄数は612、変わらずは85。TOPIX業種別騰落率は、サービス、機械、薬品、情報通信、電機など19業種が上昇。空運、自動車、保険、陸運、石油石炭など14業種が下落。
 個別銘柄では、ファナック、パナソニック、コマツなど電機・機械関連が堅調。前日売られた武田、エーザイ、大日本住友など薬品株も買われました。値上がり率上位は、テラスカイ、IIJ、ダブルスコープ、オプトランなど。
 半面、トヨタ、日産、スズキなど自動車株が軟調。値下がり率上位は、ティア、ユニーファミマ、MDV、シップHDなど。