Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】弱含み 「変異種」は重石

2020/12/21

21日の東京市場は弱含み。TOPIX業種別騰落率は、非鉄、倉庫、鉄鋼、紙パルプ、銀行など14業種が上昇。空運、その他製品、鉱業、不動産、その他金融など19業種が下落。
 前日の米国市場は3指数とも小幅安。欧米の感染再拡大を受け、概ね売りが先行したものの、テスラのSP500組み入れに伴う機関投資家のポジション調整があったとみられ、終盤は戻しました。
東京市場は日経平均が71円安でスタート。英国でコロナの変異種が拡大し、ロンドンが再度ロックダウン。仏、独なども外部者の入国規制を決め、地合いは悪化しました。ただ、後場は日銀のETF買い期待からか下げ渋りました。
個別銘柄では、トヨタ、ホンダ、日産など自動車株が冴えず。JAL、ANAなど空運株も軟調でした。半面、DOWA、JFE、日本製鉄など鉄鋼・非鉄株が強含み。