Logo stockvoice

Market Overview

利上げ打ち止め?で米株高 日経5連騰

2018/11/29

 29日の東京市場は日経平均が2万2262円60銭(△85.58)、TOPIXは1659.47(△5.81)。
 前日にパウエルFRB議長が「現在の金利は中立より少し低い程度」と発言。これが利上げ打ち止め発言と受け取られ、ドル安・円高が進行。主要3指数は大幅高でした。東京市場は日経平均が183円高でスタート。終始プラス圏を保ちましたが、前日までの4連騰の買い疲れからか、上げ幅を縮小しながら推移しました。
 東証1部売買高は13億276万株、売買代金は2兆5303万円。値上がり銘柄数は1301、値下がり銘柄数は730、変わらずは86。TOPIX業種別騰落率は、サービス、その他製品、空運、薬品、石油石炭など23業種が上昇。農林水産、鉱業、保険、食品、紙パルプなど10業種が下落。
 個別銘柄では、アステラス、塩野義、田辺三菱など薬品株が堅調。米年末商戦で「スイッチ」の売り上げが好調な任天堂は4%強の上昇で4日続伸。値上がり率上位は、ファーストロジック、日総工産、チェンジ、アウトソーシングなど。
 半面、KDDI、JR東、ユニーファミマなど内需株の一角が冴えず。値下がり率上位は、ミロク情報、ADワークス、KHネオケム、ヤーマンなど。