Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】トランプ「降参」で買い 円安も追い風

2021/01/08

8日の東京市場は続伸。TOPIX業種別騰落率は、空運、海運、不動産の3業種のみ下落。上昇率上位は、ゴム、紙パルプ、非鉄、電機、繊維など。
 前日の米国市場は3指数とも上昇し、それぞれ史上最高値を更新。上下両院が大統領選勝者をバイデン氏と認定。上院議長を務めるペンス副大統領、トランプ大統領もこれを容認する意向を示し、政情不安が後退しました。
 東京市場は日経平均が230円高でスタート。米株先物が安定推移したうえ、為替も1ドル=104円周辺の円安に振れ、株価は終始上値追い。終値で2万8000円台に乗せ、1990年8月8日以来30年5か月ぶり高値となりました。
個別銘柄では、トヨタ、ソニー、NTTなど主力株がしっかり。第一生命、三菱UFJなど金融株も騰勢を保ちました。半面、郵船、川崎汽船など海運株が弱含み。