Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反発 後場は手控え

2021/01/27

27日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、不動産、電機、食品、その他製品、機械など23業種が上昇。海運、鉄鋼、空運、精密、電力ガスなど10業種が下落。
 前日の米国市場は3指数ともほぼ横ばい。東京市場は日経平均119円高でスタート。IMFが日本や米国の成長見通しを引き上げたうえ、足元の決算の堅調さから概ね買いが先行。ただ、FOMCやアップル決算を前に手控えムードもあり、後場は上げ幅を縮小しました。
個別銘柄では、日立、パナソニック、TDKなどエレクトロニクス関連がしっかり。市場想定を上回る増額修正を発表した日東電工は7%超の大幅高でした。半面、郵船、日本製鉄など景気敏感株の一角が冴えず。