Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反落 一旦の調整か

2021/02/04

4日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、証券、海運、ゴム、鉱業、石油石炭など16業種が上昇。サービス、化学、機械、食品、その他製品など17業種が下落。
 前日の米国市場は小幅まちまち。ADP雇用統計は市場予想を上回ったものの、株価は史上最高値付近で上値の重い展開でした。
東京市場は日経平均が89円安でスタート。米国市場での投機的な動きが落ち着き、特段の敬遠材料はありませんでしたが、強い買い材料もなく、じりじりと売りが先行しました。
個別銘柄では、キッコーマン、味の素など食品株が冴えず。任天堂も軟調でした。半面、決算が好感されたソニー、日立は強い動き。