Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】あっさり2万9000円台 30年半ぶり高値

2021/02/08

8日の東京市場は大幅高。TOPIX業種別騰落率は、全業種が上昇。上昇率上位は、鉄鋼、鉱業、海運、銀行、紙パルプなど。
 前週末の米国市場は3指数とも上昇。上院が予算決議案を可決したことで経済対策の早期成立への期待が高まりました。雇用統計は市場予想並みで波乱材料になりませんでした。
週明けの東京市場は日経平均が52円高でスタート。企業の好決算や増額修正が相次いでいるうえ、米株先物やアジア市場も安定推移し、前場は上値追い。後場も高止まりしました。日経平均終値は1990年8月3日(2万9515円76銭)以来の2万9000円台。
個別銘柄では、トヨタ、三菱UFJ、NTTなど主力株が堅調。通期予想の増額を発表した日本製鉄、神戸鋼も大幅高でした。半面、武田、協和キリンなど薬品株の一角が弱含み。