Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】90年8月以来の3万円乗せ

2021/02/15

15日の東京市場は強い動き。TOPIX業種別騰落率は、鉱業、精密、石油石炭、銀行、倉庫など28業種が上昇。空運、繊維、ゴム、海運、電力ガスの5業種が下落。
 前週末の米国市場は3指数とも小幅高。ミシガン大消費者指数が予想外に低下し序盤は弱含みましたが、政府がファイザー、モデルナと全国民分のワクチン供給を契約したと発表。終盤にプラス浮上して終えました。
週明けの東京市場は日経平均が142円高でスタート。元々3万円の節目に近接していたこともあり、仕組み債やオプション絡みとみられる先物買いが活発化。日経現物も強く、終値は1990年8月2日(3万245円18銭)以来30年6カ月ぶりの3万円乗せ。
個別銘柄では、原油市況の回復を受け、国際帝石、出光など関連株がしっかり。みずほ、野村など金融株も物色されました。半面、JAL、ANAなど空運株が冴えず。