Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反落 一旦スピード調整

2021/02/17

17日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、空運、鉱業、石油石炭、鉄鋼、海運など17業種が上昇。ゴム、精密、不動産、建設、薬品など16業種が下落。
 前日の米国市場は小幅まちまち。手掛かり材料がない中、10年債利回りが1.3%台に達し、ハイテク比率の高いナスダックがやや下押しされました。
東京市場は日経平均が101円安でスタート。足元の連騰疲れもあり、終始売りが先行。ただ、下値では買いが入り、直近のトレンドを大きく崩すには至りませんでした。
個別銘柄では、村田製、TDK、東京エレクなどハイテク関連が冴えず。三菱地所、東京建物など不動産株も売られました。半面、日本製鉄、郵船など景気敏感株がしっかり。