Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反発 金利落ち着く

2021/03/01

1日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、全業種が上昇。上昇率上位は、紙パルプ、情報通信、建設、小売、機械など。
 前週末の米国市場はダウが1.5%安だったものの、SP500は0.5%安、ナスダックは0.5%高。長期金利は概ね1.4%台で推移し、金利急騰による警戒感は一旦和らぎました。
週明けの東京市場は日経平均が453円高でスタート。金曜に大幅安した反動に加え、上海、香港も堅調に推移し、終始買いが先行。3万円には届かなかったものの、金曜割り込んだ25日移動平均線(2万9216円付近)を回復しました。
個別銘柄では、トヨタ、ソニー、任天堂など主力株がしっかり。みずほ、三菱UFJなど銀行株も強含みました。半面、京急、小田急など電鉄株の一角が冴えず。