Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反落 金融株安続く

2021/03/31

31日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、自動車、鉄鋼のみ上昇。下落率上位は、銀行、ゴム、その他金融、陸運、金属など。
 前日の米国市場は3指数とも小幅安。10年債利回りが1.774%まで上昇したうえ、バイデン大統領によるインフラ投資計画の発表を控え、買い意欲は限定的でした。
 東京市場は日経平均が154円安でスタート。為替は1ドル=110円60~90銭の円安に振れましたが、アジアは下落し、東京も冴えず。アルケゴスの余波で金融株も軟調でした。
個別銘柄では、アルケゴス絡みの損失が発覚した三菱UFJが大幅安。野村も続落しました。JR東、小田急など電鉄株も売られました。半面、JFE、日本製鉄など鉄鋼株が強含み。