Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反落 「3万円」で一旦休憩

2021/04/06

 6日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落は、証券のみ上昇。下落率上位は、鉱業、薬品、銀行、空運、精密など。
 前日の米国は3指数とも上昇。前週の雇用統計に加え、ISM非製造業指数が市場予想(59.0)よりも強い63.7となり、序盤から買い意欲が旺盛。ダウは史上最高値を更新しました。
東京市場は日経平均が119円高でスタートしましたが、買い一巡後はマイナス転落。3万円到達の達成感からか、じわじわと売りがかさみ、ほぼ一日の安値圏で引けました。
個別銘柄では、INPEX、出光など原油関連株が冴えず。武田、アステラスなど薬品株も軟調でした。半面、SBI、マネックスなど証券株の一角が強含み。