Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反発も尻すぼみ コロナ警戒続く

2021/04/15

 15日の東京市場は小反発。TOPIX業種別騰落は、海運、鉱業、石油石炭、非鉄など29業種が上昇。その他製品、精密、電機、機械の4業種が下落。
 前日の米国はまちまち。好決算の銀行株は買われたものの、長期金利がやや上昇し、ハイテク株は売られました。
東京市場は日経平均が47円安でスタート。コロナ変異種が拡大する中で積極的な買い材料は見当たらず、買い一巡後は尻すぼみ。中国市場の不安定さも重石となりました。
個別銘柄では、IEA(国際エネルギー機関)の原油需要見通し引き上げを受け、INPEX、出光など原油株がしっかり。JFE、住友鉱山など鉄鋼・非鉄株も強含みました。半面、テルモ、オリンパスなど精密株が冴えず。