Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】欧米安、コロナ、日銀警戒で売り

2021/04/21

21日の東京市場は大幅続落。TOPIX業種別騰落は、空運を除く32業種が下落。下落率上位は、鉄鋼、紙パルプ、非鉄、鉱業、精密など。
 前日の欧米市場は軒並み安。欧州、インドでの変異種が拡大する中、ドイツでの与野党支持率逆転も伝わり、売り材料になったようです。
 東京市場は日経平均が440円安でスタート。大阪、東京に加え、兵庫でも緊急事態適用の可能性が高まり、全面安。前日の大幅安でも日銀はETFを購入しておらず、今日も警戒売りに拍車がかかりました。日経平均はチャート上で75日移動平均線、一目均衡表の雲を一気に下抜け。
 個別銘柄では、ソニー、三菱UFJ、ファストリなど主力株が軒並み安。これまでしっかりだったJFE、日本製鉄など鉄鋼株も売られました。半面、明治HD、味の素など食品株の一角が強含み。