Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】小幅安 持ち高調整の売りも

2021/04/27

27日の東京市場は小幅安。TOPIX業種別騰落率は、海運、証券、紙パルプ、銀行、鉄鋼など7業種が上昇。鉱業は変わらず。薬品、精密、不動産、化学、電機など25業種が下落。
 前日の米国市場はダウのみ小幅安。堅調な企業決算を背景にハイテク株が買われ、SP500、ナスダックは史上最高値を更新しました。
 東京市場は日経平均が48円高でスタートし、買い一巡後は小安い動き。日銀決定会合は市場想定通りの現状維持で波乱要因となりませんでしたが、連休前の持ち高調整売りが出始めたのか、後場はじわじわと下押しされました。
個別銘柄では、三菱地所、東京建物など不動産株が冴えず。トヨタ、ホンダなど自動車の一角も軟調でした。半面、大和、野村など証券株が強含み。