Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反発 外部落ち着き高値安定

2021/05/18

18日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、鉄鋼、保険、非鉄、鉱業、精密など30業種が上昇。電力ガス、その他製品、紙パルプの3業種が下落。
 前日の米国市場は3指数とも下げましたが、小幅安にとどまりました。クラリダFRB副議長が緩和縮小論議は時期尚早と述べ、一定の安心感につながりました。
 東京市場は日経平均が107円高でスタート。前日下げた反動や台湾の大幅高、米株先物の落ち着きを支援材料に東京も買いが先行。概ね一日の高値圏で安定推移しました。
個別銘柄では、東京エレク、アドバンテストなど半導体株がしっかり。JFE、DOWAなど鉄鋼・非鉄株も買われました。半面、中部電、大阪ガスなど電力ガス株の一角が冴えず。