Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反発 円安、需給イベント通過で強気

2021/05/28

28日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、全業種が上昇。上昇率上位は、非鉄、鉄鋼、機械、海運、繊維など。
 前日の米国市場は小幅まちまち。バイデン政権がインフラ拡充に6兆ドルの予算案を提示すると伝わり、長期金利が1.62台まで上昇。ハイテク株比率の高いナスダックは冴えなかった一方、ダウ、SPはリスクオンムードで強含みました。
 東京市場は日経平均が363円高でスタート。為替市場でドル高・円安が進んだうえ、アジア市場も概ねしっかりで、東京も買い優勢。前日にMSCI指数の銘柄組み替えが終了した安心感もあり、終始強気でした。
個別銘柄では、郵船、日本製鉄、DOWAなど景気敏感株が堅調。東京都が百貨店への休業要請を緩和すると伝わり、三越伊勢丹、Jフロントなども買われました。半面、武田、大日本住友など薬品株の一角が冴えず。