Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】6日ぶり2万9000円回復 米与野党がインフラ投資で合意

2021/06/25

25日の東京市場はしっかり。TOPIX業種別騰落率は、鉄鋼、鉱業、非鉄、化学、電機など30業種が上昇。海運、精密、倉庫の3業種が下落。
前日の米国市場は3指数とも上昇。バイデン政権がインフラ投資で超党派の上院議員と合意し、材料視されました。S&P500は8日ぶり、ナスダックは3日連続で史上最高値を更新。
東京市場は日経平均が262円高でスタート。上海、香港などアジア市場も堅調だったうえ、為替レートも安定推移し、東京も買いが先行。日経は終値で6日ぶりに2万9000円台に乗せました。
個別銘柄では、日本製鉄、JFEなど鉄鋼株が強い動き。ソニー、富士通などエレクトロニクス関連も買われました。半面、商船三井、川崎汽船など海運株が弱含み。