Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】米国休場 閑散・小動き

2021/07/05

5日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、空運、海運、陸運、サービス、不動産など12業種が上昇。鉄鋼、情報通信、紙パルプ、鉱業、ゴムなど21業種が下落。
前週末の米国市場は3指数とも続伸し、いずれも史上最高値を更新。 6月雇用統計は非農業部門雇用者数が予想以上に増加する一方、失業率は悪化。賃金の伸びも予想を下回り、FRBの緩和策は当面維持されるとの見方が強まりました。
東京市場は日経平均が74円安でスタート。前週末と同様に9時台に高値と安値を付けた後は150円の値幅内で保ち合い。今夜の米国が休場とあって商いも閑散でした。
個別銘柄では、トヨタ、ソニー、三菱UFJなど主力株が軟調。JFE、日本製鉄など鉄鋼株も弱い動きでした。半面、ANA、JR東など運輸株が強含み。