Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】安値引け 4度目の緊急事態へ

2021/07/08

8日の東京市場は続落。TOPIX業種別騰落率は、機械のみ上昇。下落率上位は、鉱業、その他製品、空運、その他金融、繊維など。
前日の米国市場は3指数とも小じっかり。SP500とナスダックは最高値を更新しました。FOMC議事要旨で資産購入縮小を急がない姿勢が判明し、安心感につながったようです。
東京市場は日経平均が34円安でスタート。4度目の緊急事態宣言発令が確定的となり、意欲が後退。円高株安が加速し、日経平均は安値引け。上海、香港も売られ、東京の重石となりました。
個別銘柄では、トヨタ、ソニー、SBGなど主力株が冴えず。JR東、JALなど運輸株も売られました。半面、神戸物産、パンパシHDなど巣ごもり関連株が強含み。