Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反発 米国下げ止まり 機械受注も追い風

2021/07/12

12日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、海運、空運のみ下落。上昇率上位は、機械、金属、電機、倉庫、建設など。
前日の米国市場は3指数とも終値ベースで過去最高値を更新。債券買いは一服し、10年債利回りは1.36%付近まで上昇しました。
東京市場は日経平均が472円高でスタート。機械受注が市場予想を上振れたうえ、上海、香港、韓国などアジア市場も買われ、東京も買いが先行。東証1部銘柄の9割超が上昇する全面高でした。
個別銘柄では、ファナック、コマツ、ツガミなど機械株が強い動き。通期見通しを上昇修正した安川電機も6%超の大幅高でした。半面、郵船、商船三井など海運株が冴えず。