Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】続落 一時は2万8000円割れ

2021/07/16

16日の東京市場は続落。TOPIX業種別騰落率は、海運、鉄鋼、非鉄、証券、ガラス土石など12業種が上昇。薬品、精密、鉱業、陸運、その他製品など21業種が下落。
前日の米国市場は小幅まちまち。NY連銀製造業指数は市場予想を大幅に上振れましたが、輸出入物価や失業保険申請件数は予想並み。いずれもあまり売買材料にならなかったようです。
東京市場は日経平均が240円安でスタート。強気材料が見当たらず、2万8000円を割り込む場面もありましたが、後半は戻り歩調。かろうじて2万8000円台に乗せて引けました。
個別銘柄では、東京エレク、ソニー、TDKなどハイテク株が軟調。武田、アステラスなど薬品株も売られました。半面、郵船、日本製鉄、DOWAなど景気敏感株が強含み。