Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】6日ぶり反発 上値は重い

2021/07/21

21日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、鉱業、薬品、電力ガスの3業種が下落。上昇率上位は、自動車、金属、非鉄、化学、農林水産など。
前日の米国市場は反発。長期金利の低下が一服し、ダウ、SP500、ナスダックとも1.5%程度の上昇でした。
東京市場は日経平均が359円高でスタートしましたが、買い一巡後は上値の重い展開。アジア市場や為替相場、米株先物の落ち着きを背景に終始買いが優勢でしたが、連休前とあって意欲は低調でした。日経平均は6日ぶり反発。
個別銘柄では、トヨタ、ホンダなど自動車株がしっかり。決算を控えた日本電産も買われました。半面、石油資源、INPEXなど原油関連株が弱含み。