Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】古河電工が大幅続落、「中国ファーウェイ幹部逮捕で悪影響も」と

2018/12/07

 電線大手で光ファイバーでは世界有数の古河電気工業(5801)が大幅に4日続落した。午後0時53分現在、前日比156円(5.1%)安の2889円で推移している。一時は2864円まで下落し、10月30日の年初来安値2838円に接近した。 

 カナダの司法省が現地5日に中国の通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)を逮捕したことを公表したことについて、野村証券では、「ファーウェイは当社(古河電工)のITLA(波長可変レーザー)の主力販売先の1社と推定しており、仮に中国国内の5G(第5世代移動体通信網)投資に悪影響があるような事態になった場合、当社の光部品・電子デバイス事業の業績に何らかの悪影が出る可能性がある」と指摘したことで、売り材料視された。