Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】セコムが後場上げ幅拡大、家庭用AEDパッケージ化商品を発売

2018/12/07

 警備業界トップのセコム(9735)が後場に入り、上げ幅を拡大した。反発。前引けは前日比79円高の9466円だったが、午後1時25分現在、同178円(1.89%)高の9575円で推移している。一時は9590円まであった。 

 本日昼に家庭用AED(自動体外式除細動器)のレンタルサービスとオンラインサービスをパッケージ化した商品の販売を今月から開始すると発表し、買い材料視された。新商品は家庭での心臓突然死を防ぐ備えとして、レンタル方式のAEDを家庭での使用に合わせてパッケージ化した国内初のサービスで、レンタル料は1台につき月額2400円(税別)となっている。国内では年間約7万人が心臓突然死しており、その7割以上が自宅で発生している。